2014年06月29日 - Kanjiro Blog
FC2ブログ

なぜ8’6”#4が必要なのか?

昨年のGGACCで、ブルース氏に
『 8’6”#4がアメリカでは(Hanry'sFork)では主流 』だ
と言われ、そんな難しいBambooRodが主流なんて
とても信じられなかったのですが、
ネルソン氏所有のECパウエルに刺激を受けて
一年がかりでSamurai8’6”#4を作り上げました。

Henry'sFork の川で釣りをして分かった事ですが
魚の付き場は、流れが複雑になっている所で
遠くから投げても、すぐにドラックが掛かり
魚を騙す事が出来ません。

抜き足差し足で、ストーキングしてにじり寄り
テクニックを駆使して仕留めるのです。

川の中で記念撮影
( 川の真ん中で記念撮影 )

ファイトする赤池さん
( スプラッシュライズに悩まされ、最後のチャンスで見事に掛けてファイトする赤池さん )

使用フライも、日本の渓流ように
黄色やピンクのインジケーターの付いた物はなく
尚且つ水面に絡めるフライが多いので、
遠くに投げると何も見えないのです。

HFで買ったコマーシャルフライ
( マイクローソンのお店で買ったコマーシャルフライ )

ネルソンカディス?
※最終日、たった今このフライで友人が20インチのブラウンを釣ったと
 ネルソン氏から貰った#16カディスフライ(これ全く見えないんじゃない??)

5~10メートルを自分の手のように扱えて
バランスが良く、複雑な流れをかわすことの
出来る、長くて繊細なロッド・・・
ホールを使わずとも綺麗に自在に
ループコントロール出来る事が
ここでの、ロッド選びの条件となるようです。

天候もめまぐるしく変わり風も強く、
流れも思いのほか早く、押しも強い
尚且つ餌も豊富で筋肉質な賢く強い魚と
勝負する為のロッドが必要なのです。


今回のBambooRodDay'sで
英語の全く出来ない私は
言葉による説明は一切行えませんでした。
ですので、自分の作り上げた
ロッドアクションのみが
すべてだったわけです・・・・・
そんな中とても高い評価を頂いた事に
誇りを感じます。


Samurai8’6”#4が
Henry'sForkで理想の
BambooRodなのだと!!




にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  ここをクリックしてね!
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
ポチッと宜しくお願いします。
スポンサーサイト



プロフィール

両手人65

Author:両手人65
トンキンケーンでバンブーフライロッドを作っています。

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
QRコード
QR