実測30ヤード投げるとは? - Kanjiro Blog

実測30ヤード投げるとは?


昨日のブログで#5/6ロッドで
30ヤードを投げる事は
基本を軸に理論を正しく
理解して継続して行えば
難しくないと書きました。

ラインの遊びの無い場合の
卓上の話ですが、トップガイドから
14mのフォルスキャスト
1.7mのフォール
2.7mのロッド長に
2.7mのリーダーを
27mから引けば良いのです。

そうすると驚くことに
シュート5.9mで
達成なのです。

実際はラインの拠れ等があり
綺麗にターンさせても
シュート距離は8m前後でしょうか?

PB082721.jpg
※23・25・27mのリングにターンさせて
 フライを入れる事を目標としています。

しかし買ったラインが
30ヤードラインで
リールからラインがすべて出た!!
だから30ヤードキャストだと
思いたいのも分かりますが
メジャーで距離を実測すると
20~25mが現実のようです。

殆どの場合がターンしておらず
リーダーどころか、ラインの先まで
グチャグチャなのです。

ナチュラルキャスト講習会で
正しくキャスティングを学ぶと
身体に負担を掛けずに楽しく
実測30ヤードキャストが
習得できますぞぉ~(笑)


1月ナチュラルキャト講習会参加者募集中
      クリック


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  ココをクリックしてね! 
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
ポチッと宜しくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

両手人65

Author:両手人65
トンキンケーンでバンブーフライロッドを作っています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
QRコード
QR