感動するロッドとの出会いがなくなった・・・ - Kanjiro Blog

感動するロッドとの出会いがなくなった・・・

Bamboo浪漫

竹竿の話ーその305

竹竿を創り始めた頃は感動し刺激を
受けるアクションのロッドが多くあり、
銘竿と言われるロッドを超える為に
長年切磋琢磨を重ねてきました。

4年前のSpey.O.Ramaでネルソン氏
所蔵のロッドに触れる機会を頂き
『奇跡の一本』だと衝撃を受けた
ECパウエルの8'6"#4以来刺激を
受けるロッドに出会っていない。

ECパウエル864Bテーパー
( Samurai864とECパウエル864Bテーパー )

ラインがフェザーのようにふわりと
浮き上がるエレガントなロッド・・・
それ以上の竿にと一年間試行錯誤し
一昨年完成したSamurai8'6"#4は
「奇跡の一本」以上の評価を頂き
感動と刺激も過去の事になりました。

今年は超難関8'6"の3番を作り上げ
GGACCでの評価も高くシングルハンドの
アクションの探究もほぼ一区切りです。

FinestーJr 8’6”#3
( Finest 863 )

今後は競技用ロッドの開発をするか、
それともTwoHandRodの研究か、
はたまた美しい美術品のような
BambooRodを作る事かなぁ?

でも、ちょっと
燃え尽き症候群かな?(笑)


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  ココをクリックしてね! 
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
ポチッと宜しくお願いします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

両手人65

Author:両手人65
トンキンケーンでバンブーフライロッドを作っています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
QRコード
QR